保険証でもお金を借りることができる事情について

結論から言いますと、身分証明書に健康保険証を使っても、お金を借りることはできます。保険証の種類によって、社会保険証、組合保険証、国民健康保険証と、それぞれで借り入れ保証は若干変わってきます。会社勤めをしている場合は、社会保険証になるので、特に問題なくお金を借りることができるでしょう。

 

お金を借りることのできる消費者金融も、テレビCMなどで有名な大手であるア○ムやプ○ミスやア○フルなど、有名な所が揃っているので、安心して利用することができます。しかしながら、本来ならば、身分証明書は顔写真入りのものを使うのが常識です。

 

健康保険証は、基本的に顔写真が付いていませんから、健康保険証を利用してお金を借りる場合は、いくつかのルールや決まりごとが存在しています。例えば、一つの消費者金融から借りることのできる金額は50万が程度が限度であるということです。

 

また複数の消費者金融から借りたお金の総額が100万円を超えている場合もルールに引っかかります。このようなルールに抵触した場合は、収入証明書が必要になります。源泉徴収票や給与明細書など、利用する消費者金融によって求められる証明書は変わってきます。

 

お金の融資は信用商売ですから、収入証明書を確認することで、限度額を超えた融資をしても、今後返してもらうことができる、問題ないという保証が必要なわけです。また、たまに、健康保険証と現在住所が違う人がいます。

 

これは、引っ越したばかりの人によくあるケースですが、そういったことを防ぐために、現在住所の公共料金領収書や請求書を保管しておくのが良いでしょう。もしそれらを取っておいていないという場合は、市役所などに出向いて、住民票を手に入れてください。