生命保険を担保にしてお金を借りるシステムとは

金融機関でお金を借りたい時には、保証人を立てる、不動産などを担保にしてお金を借りる事ができます。

 

一方で、生命保険に加入している時も生命保険を担保にしてお金を借りる事ができます。この場合は、金融機関などで生命保険を担保にしてお金を借りるのではなく、生命保険を解約した時に入るお金を担保にして、生命保険会社からお金を借りる事ができる「契約者貸付制度」というシステムを利用する事になります。

 

生命保険会社の契約者貸付制度を利用する時には、いくつかの注意点があります。まず、生命保険を解約する時の解約返戻金ほとんどない生命保険の場合には、解約返戻金を担保にできませんので、お金を借りる事ができません。逆に解約返戻金が高い生命保険商品は、終身保険、養老保険、学資保険となっていますので、これらの生命保険に加入している場合には、契約者貸付制度が利用できる可能性が高くなります。

 

そして、契約者貸付制度を利用して借りたお金を返さなかった場合、解約返戻金を担保としている為解約した時に解約返戻金を受け取れないという事になります。それだけでなく、病気や怪我、入院の時にも契約している生命保険の保険金が受け取れない可能性もあります。

 

契約者貸付制度は、審査なくお金を借りる事ができます。しかも、金融機関での融資や消費者金融のカードローンに比べると低金利となっています。しかも、利用してもブラックリストに載らないといったメリットもあります。