返済日によっては利息なしでお金を借りることが可能

金融機関からお金を借りる主な方法は大きく分けると2つです。1つは銀行からの融資、そしてもう1つは消費者金融からの融資です。そして利息の支払いが少なくて済むのは銀行からの融資です。

 

しかし銀行のカードローンは審査が難しいことで知られています。そのため正直なところ、銀行からの融資は容易ではありません。その一方で審査が比較的パスしやすいことで知られているのが消費者金融からの融資です。しかし消費者金融は利率を高めに設定しているために、利息が高くなってしまいます。

 

それでも利息を少なくする方法は存在します。実のところ、消費者金融は利率に全額返済までの日数をかけたものを利息額としています。つまり利率が1.8%であり、10万円の融資を受けて全額返済までに5日かかったとします。このときの利息は1.8(利率)×100,000(融資額)×5(返済までにかかった日数)となり、合計で9,000円の支払いが求められます。

 

しかし全額返済日が1日であった場合、上記の計算式の「5」の部分が「1」になりますので、利息は1,800円と大幅にダウンします。そのためできるだけ早く全額返済してしまえば、たくさんの利息を支払う必要はないのです。そしてお金を借りたその日に全額返済してしまえば返済までにかかった日数が「0」になるわけですから、利息は発生しないのです。このように消費者金融からの融資を上手に利用すれば、利息低く抑えることができ、尚且つ当日返済することで利息を支払わずに済むのです。