キャバ譲としての安定した収入があれば可能です

水商売をしているからという理由で融資が断られてしまうということは全くないので、キャバ嬢だからと借り入れの申し込みを躊躇しなくても大丈夫です。ただ、ある程度の収入があるからといって必ずしも審査が通るということではありません。

 

たとえば、夜に働けるときだけ日払い単発勤務で何万円も稼ぎがあるとして、お金に余裕がある時期にはキャバ嬢のお仕事を休んでいるとします。その場合は収入に波があると見なされて、安定性に欠くということで返済能力を疑問視され審査に落ちることもあるでしょう。

 

しかし、お店と雇用契約を結び週に数日勤務をし、毎月少額でも一定の金額を稼ぐことができていれば、いつ借り入れを行っても返済には困らないだろうと判断されて審査を通過しやすくなります。つまりキャバ嬢だからどうということではなく、勤務形態や勤務日数、月々の収入や年収などで融資が可能かを判断されるわけです。

 

キャバ嬢として安定した収入を確保できているということを証明できれば、審査に通過する可能性が高くなります。記入する書類は嘘偽りなく書く必要がありますので、自身の勤務形態を見直して信用に値するか考えてみましょう。出勤する日数が少なければ増やしたり、年間通して月毎に一定の勤務日数を保つようにしたりと、収入の安定性を見せることができれば借り入れをしやすくなります。

 

審査自体は即日から数日で終わります。借り入れたお金の使い道は自由ですが、返済が滞らずに使える限度額に抑えて利用するようにしてください。